私たち夫婦は東京都内の世田谷区に在住して、今年でもう15年になります。元々は私が大学に通うために、この世田谷区にアパートを借りて一人暮らしし始めたのですが、主人と結婚後も「慣れていて住みやすいから」という理由で、ずっとこの地域に住んで、東京暮らしを満喫しています。
これだけ長く同じところにいると、当たり前ですが「東京地域の魅力」にも詳しくなっていくものです。私が特に東京で気に入ってるいる点は、いわゆる「B級グルメ」を掲げるお店が多くあるというところです。

実は私は、このB級グルメと呼ばれる料理が大好きで、その食べ歩きを趣味にしています。その熱中具合は、仕事の合間に暇が出来ると、事前にネットなどで調べておいた話題になっているB級グルメのお店に、夫と二人で食べに出かけるほど。子供のいない私たち夫婦にとっては、ちょっとした気晴らしにもなり、おいしい料理も食べられるので、自分では「趣味と実益を兼ねた、一粒で二度おいしい趣味」と思っているのです。

このように私がB級グルメにはまった理由としては、この料理が「飾らないけど、お値段がリーズナブルで美味しい」という大きな魅力を持っているからだと思います。B級の対比としてよく扱われる「一流レストラン」は、確かに見た目も綺麗でしかも美味なのですが、庶民派の私にはどうしても敷居が高く感じられて正直苦手です。ですが、街の中にあって気張らずに美味しく食べられるB級グルメは、そんな私でも手が出しやすく、またお財布にも優しいという大きな特徴があります。これが大きな魅力として私を捉え、長年に渡って熱中させる理由なのです。